相互の信頼、信任が大切です

マンション管理士は活動に当たり、高度な専門的知識と人格を含めた信頼性・信用性が必須であり、
それに伴い高い倫理性が求められます。
マンション管理士としての活動の基本は、マンション管理士とマンション居住者及び関係者との
信頼関係が全てです。
信頼無くしては、何も進まない、何もなし得ないということです。
信頼を得る、そして信頼を裏切らない、そのことを明らかにするため下記の通り倫理規定を定め、
活動の指針としたのです。

(信義誠実遵守義務)
第1条 マンション管理士としての活動を行うに当たり、信義を重んじ誠実を旨として活動を行う。

(真実告知)
第2条 管理組合等に対し故意に事実を告げず、又は不実を告げる行為をしてはならない。

(法令遵守等)
第3条 関係法令の遵守、説明責任、情報開示等に努め、透明性・公平性等に留意した安心安全な活動に努める。

(公正助言)
第4条 管理組合等に対して、公正な助言、指導、援助を行わなければならない。

(背任行為禁止)
第5条 マンション管理組合等の利益に反した行為により、自己又は第三者の利益を図り、
その任務・職務に背く行為をしてはならない。

(守秘義務)
第6条 法律上の正当な理由がなく、その活動に関して知り得た秘密を漏らしてはならない。
マンション管理士でなくなった後においても、同様とする。

(信用保持義務)
第7条 マンション管理士としての信用を高めるよう努めると共に、マンション管理士としての信用を傷つけ
又は信用を損なうような行為をしてはならない。

(自己啓発)
第8条 マンション管理組合等の相談に応じて、適切な助言、指導、援助を行う上で必要とする
専門的知識・能力の向上に資するため、常に研鑽に努めなければならない。   

マンションは集合住宅です。仲良く暮らしましょう。